このサイトはJavascriptが無効の場合、正常に表示されません。

ブラウザの設定で、JavaScript を有効にして下さい。

現場レポート

トップページ 現場レポート (仮称)国立西3丁目プロジェクト新築工事(第1回)

(仮称)国立西3丁目プロジェクト新築工事(第1回)

2020年6月29日

 

皆さん元気でお過ごしでしょうか!

東京支店から再び新物件の紹介です!!

 

東京都国立西3丁目の5階建て新築マンションです。

立地は閑静な住宅地で道路向かいには郵政大学の広場があり、緑がある大変良い環境です。

「ん~、なんてよい環境なんだ!」

 

 

工事着工前の状況です。

角地なので交差点、横断歩道があり通学路にもなっています。

 

 

根切工事を開始しました。

交通量も多いので、搬出入の事前連絡や車両の出入り方向を指示しないとスムーズに搬入出来ません。

掘削しながら落下防止の手摺を設置します。

 

 

約3m掘削しますので上から大型重機で掘削し、下は小型の重機で床付け調整します。

今回は直接基礎です。

支持地盤まで掘削し、この後ラップルコンクリート※を35cmから70cm流し込みます。

※ラップルコンクリートとは?

地盤改良工法の一つで、基礎下から支持地盤までに設ける無筋コンクリートです。

比較的浅い深さで支持層が出てくる場合に、支持層に達するまでの軟弱な地層を無筋のコンクリートで置き換えることで、建物の重量をしっかり支持層に伝えることができます。

 

コンクリート流し込み完了です。

これから基礎の鉄筋を配筋します。

 

 

基礎配筋状況です。

「ん~、完璧です」

地中梁高さが2.5mあり、施工が大変なので今回は地中梁を上下に分けて配筋します。

 

 

耐圧コンクリート打設完了ました。

この後、地中梁上筋を配筋します。

 

 

今回はここまでの工程報告です。

来年完成に向けて、安全第一と高品質で頑張ります。

 

 

次回をご期待下さい。