このサイトはJavascriptが無効の場合、正常に表示されません。

ブラウザの設定で、JavaScript を有効にして下さい。

現場レポート

トップページ 現場レポート 宮崎空港土木施設維持修繕工事

宮崎空港土木施設維持修繕工事

2020年5月20日

「宮崎空港土木施設維持修繕工事」の現場を

監理技術者の松田が紹介します。

 

まずは、現場の説明です。

現場職員は、

代理人が高橋主任、

ほかに5名の技能職員が昼夜交代で勤務しています。

工事場所は、宮崎市大字赤江無番地 となります。

工事内容は、

1.巡回点検工事

2.草刈工事

3.清掃工事

4.標識維持工事

5.植栽維持工事

6.緊急補修工事

を年間通して作業しています。

 

それでは、

順番に工事内容を解説していきます。

 

1.巡回点検工事

年間で42回実施します。

宮崎空港内制限区域内の滑走路、誘導路、エプロンを

徒歩にて舗装面の性状を目視点検する作業で、

2日間の夜間作業となります。

異常個所があれば直ぐに補修作業を実施します。

(空港の運行に支障がないようにするためです。)

 

※『エプロン』とは、
飛行場の中で乗員・乗客の乗降、貨物の積み下ろし、燃料の補給、簡易な点検整備などのために航空機を駐機する場所のことです。

 

2.草刈工事

年間で2回実施します。

(1)大型機械による草刈状況

刈幅は2.4mで、1時間当たり10,000m2を刈り取ることができます。

 

(2)大型機械による集草状況

刈り終わった草を集めて畝状(うねじょう)にする機械

 

(3)大型機械による梱包状況

畝状になった草をロール状に梱包します。

直径1.2m、幅1.2m、重量約500kg

 

(4)梱包したロールの積込搬出

4tダンプトラックに4個、積込指定された場所へと運び、

その日のうちに家畜農家に引き取られます。

多いときには1日に60個ほど、年間を通して1200個ほど搬出。

牛の飼料としては無農薬なので農家の方には大変喜ばれています。

おいしい宮崎牛となり間接的はありますが

地域貢献にはなっていると思います。

 

3.清掃工事

(1)エプロン清掃【昼間】

清掃面積は121,000m2で、1年間で6回行います。

1番スポット~17番スポットまで、

飛行機離発着時間帯に清掃をします。

(飛行機が駐機していない間に清掃するため)

常時飛行機の動きに注意しながらの作業のため

緊張の連続作業となります。

 

(2)滑走路清掃【夜間】

清掃掃面積は、170,300m2で、1年間で6回行います。

(幅45m ×  延長2,500m)

 

(3)誘導路清掃【夜間】

清掃面積は、224,000m2で、1年間で6回行います。

 

4.標識維持工事

マーキング作業

滑走路、誘導路、エプロンのラインを常温式にて施工します。

既設ライン上の上塗りとなります。

毎年約13,000m2を塗布します。

14㍑/缶で250缶ほど使用します。

 

5.植栽維持工事

ターミナル地区 【枯損枝除去】

毎年1000本以上の洋木を高所作業車を利用して作業します。

梅雨の時期、洋木に綺麗な花が咲く前を目安に作業します。

開花すると花を求めて蜂がたくさん飛んでくるので、

刺されない為と雨で草刈工ができないという事情もあります。

 

6.緊急補修工事

(1)『特定外来生物』オオキンケイギク除去作業

オオキンケイギク

 

昼間除去作業状況

夜間除去作業状況

 

(2)アスファルト舗装補修

道路陥没箇所の舗装補修作業です。

路盤工事状況

アスファルト舗装状況

舗装完了です。

 

 

最後に、

当社が「宮崎空港の維持修繕工事」を受注したのは

昭和40年ころからと先輩より伺っておりますが、

先輩の教えを継承しつつ、

宮崎の空の玄関口を綺麗にしているという誇りと自覚を持って、

作業所職員一同安全に作業をしていきたいと思います。

 

ターミナル地区空港ビル周辺

 

飛行場内エプロン周辺

 

 

ご覧頂き、ありがとうございました。