このサイトはJavascriptが無効の場合、正常に表示されません。

ブラウザの設定で、JavaScript を有効にして下さい。

現場レポート

トップページ 現場レポート レクサス宮崎新築工事(第5回)

レクサス宮崎新築工事(第5回)

2020年5月1日

 

現場レポートも5回目になりました。

みるみるうちに建物も変化してきています。

今回のレポートは外壁工事からスタートです。

 

◆外壁工事

外壁工事はALCとアスロックに分かれています。

※ALC:軽さと強度、断熱性をあわせ持った高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート

※アスロック:強度、耐火性、耐候性、遮音性、耐震性に優れた押出成形セメント板

 

<ALC建込>

ウィンチを使用し上部に吊り上げて、下地に溶接し建込みしていきます。

取付方法はアスロックも同じです。

 

<アスロック建込>

溶接状況です。

 

ALC建込完了です。

◆サッシ取り付け

ALCの施工後に水平・垂直を確認しながら、溶接して取り付けます。

取付完了

◆耐火被覆吹付

ロックウール吹付状況です。

※ロックウール:耐火・断熱・吸音性に優れた人造鉱物繊維で、セメントを硬化材として専用の吹付け機を使用して吹付けます。

主要構造部となる柱・梁に25㎜以上の厚みになるように吹付していきます。

1時間耐火性能を確保するためです。

 

施工完了

◆耐火間仕切壁施工

軽量鉄骨下地完了

この後、鉄骨下地に強化石膏ボードを二重張りしていきます。

◆電気・設備工事

天井内配線・配管施工状況

配線・配管完了後、天井下地の工程になります。

 

 

次回は内装工事の続きからの工程となります。