このサイトはJavascriptが無効の場合、正常に表示されません。

ブラウザの設定で、JavaScript を有効にして下さい。

現場レポート

トップページ 現場レポート 志和池工区

志和池工区

2020年2月29日

志和池工区の現場紹介を

黒木が行います。

 

配置は、

現場代理人兼主任技術者の渡邊主任、

社員年目の外勢ホカセ)係員、

黒木 の名で現場管理・施工を行います。

 

工事内容は、

切削オーバレイ工即日、殻運搬・処分、

区画線工実線・白色実線・黄色となります。

 

切削オーバレイ工とは、舗装の延命を図る予防的修繕工法です。

アスファルト舗装の表面にひび割れ・凹凸が連続的に発生した箇所を表面より約10㎝切削機により削って、その上に新しい舗装(2を行う工法です。

 

施工場所は、

都城市の国道221号線です。

 

それでは、

127日~131日に施工した内容を掲載します。

 

最初に、

切削機でアスファルトを削ります。

 

その後、

スイーパー清掃車で削り、「カス」をきれいに取り除きます。

 

完了後、

乳剤を散布して、アスファルト舗装を層行います。

 

アスファルト舗装後、区画線設置を行い、

工事完了です。

 

完成した写真です。

 

最後に、

今回の工事は、夜間の施工となりました。

通行量の多い区間でしたが、無事故で完成させることができました。

 

近隣の住民の方には、工事期間中、ご迷惑をおかけしましたが、

早期に完成できて『ホッ』としています。

 

それから、

入社1年目の外勢係員は、

初めての舗装現場でしたし、夜間での作業でしたので、

大変だったと思います。

それでも、一生懸命管理を行ってくれました。

感謝です!