このサイトはJavascriptが無効の場合、正常に表示されません。

ブラウザの設定で、JavaScript を有効にして下さい。

現場レポート

トップページ 現場レポート レクサス宮崎新築工事(第2回)

レクサス宮崎新築工事(第2回)

2020年1月20日

 

先月に引き続き、今回が2回目の現場レポートです。

前回、最後にお伝えした埋め戻し前の現場の状況です。

さあ、ここから現場がどう変化したのでしょうか?

 

 

◆埋め戻し

基礎(地中梁)が出来上がり、その基礎の内側の地盤を土で埋めていきます。

◆砕石敷き

地盤面が沈下しないよう、埋め戻した地盤の部分に砕石を敷いていきます。

これで地盤面を安定化、平滑化させます。

◆砕石転圧

敷いた砕石の上から専用の機械を使って圧力をかけ、さらにしっかり敷き固めていきます。

◆捨てコン打設

転圧が完了した砕石の上に「捨てコンクリート」を打設していきます。

◆ポリフィルム敷き

捨てコンクリートの上に床下からの湿気防止のため、ポリフィルムを敷いていきます。

◆ポリフィルム・断熱材敷き

ポリフィルム敷きが完了したところから、次に断熱材を敷いていきます。

◆土間配筋

断熱材敷きが完了したら、土間の配筋をしていきます。

コンクリートだけでは土間の強度が保てないため、しっかり鉄筋を組み強度を上げてからコンクリートを打設していきます。

 

 

月は、土間のコンクリート打設からのレポートになります。

お楽しみに!